1年目での看護師転職

1年目での看護師転職。ネガティブなイメージも・・・

日本における看護師さんの新規就労は毎年確実に増えているのですが、残念ながら離職者がさらい多いことから全体の就労人口から言うと減少していると言わざるを得ません。また、看護師さんも転職を積極的に行いますので人材の定着性から言っても非常に不安定であることが分かります。

 

このように看護師さんは非常に職場を選べる状況にあるので、入職1年目からも既に転職を意識している方も多いと聞きます。まず、この1年目からの転職ですがどのような印象を受けるでしょうか?

 

看護師 転職

 

基本的に入職して1年も経っていない状況で転職をしてしまうと、1度くらいの転職であれば大目に見てもらえますが同じ年に複数回転職する事態になりますとキャリアに大きなダメージを受けるかもしれません。

 

キャリアというものはどのような経験をしたかと言うことも大切ですが同じ職場で如何に安定的に勤務をしたかと言うことも求人側から大きく注目される部分であり、医療機関によっては長期的に雇用して行く人材としては難色を示すケースもあることでしょう。

 

もし可能であれば、3年以上の複数年の実務経験を積むことに専念していくことをおすすめいたします。それは医療機関にかかわらず、多くの人事担当者が人材の持つ経験として認める基準年数が3年と認識していることにあります。

 

しかし、それでも1年目の転職を進めて行くのであれば、インターネットにおける看護師さん転職に特化した求人紹介サービスを積極的に活用されていくことをおすすめします。特に1年目の転職は経験が足りないこともあるために、専任のキャリアコンサルタントさんに全面的にサポートをお願いすることにしましょう。

 

彼らは転職志望者の登録情報に従って適切な求人マッチングを行ってくれますので、先ずは無料登録をより多くのサービスで行っていくようにしてください。それが、より多くの求人紹介を受けるための最善の方法となるのです。

 

その他、転職する理由などもきちんとコンサルタントさんへ伝えることで、失敗しない転職も少なくなって行くことにもなります。